Spike Auto

Spike Auto [スパイクオート] =愛知県・豊橋市でイタリア・フランスなどの輸入車を中心に、メンテナンス・モディファイや車両販売を行うプロショップ。

レギュレーター

レギュレーター

ウインドレギュレーター、それはドアガラスを上下させる部品。
ホントによく壊れます。あいさつがわりのように。

交換は画像のようにドアの内張りを外し、防水シートをはがして行います。


続きを読む

RENAULT SportSpider

RENAULTSportSpider

フランス語読みだとルノースポールスピダー.
見たとおり派手な車です。試運転や回送のときテレちゃいます。
見た目とは裏腹に結構乗りやすく、余計なものが何もついてない分、軽快な走りをします。

オイルや添加剤等のケミカルチューンを施せば、もっと気持ちよくなるはずなのですが、なかなかオーナーと話をする機会がなく、もどかしい限りです。
がっつりチューニングまでいかなくても、細々手を加えるだけで車は割と正直に応えてくれます。
人間よりよっぽど素直です。
お手持ちの車を可愛がってください。きっといいことがあるはずです。

POWER FLEX

POWER FLEX

またまたご無沙汰です。
今回はチンパンジーはナシです。

POWER FLEX,強化ブッシュです。
イタリア、フランス車の多くがブッシュのみの部品設定がなく、丸ごとの交換になってしまいます。
足回りを強化したい場合に限らず、走行距離が増えてきて足回りがダルくなってきた時のリフレッシュにも活用したい一品です。お手ごろ価格なので良いことづくしです。

続きを読む

ALFA ROMEO 155

ALFA ROMEO 155

久しぶりの更新です。忘れていたわけではありません。ちょっとサボってただけです。
張り切っていきましょう!

ALFA ROMEO 155.最近、街中ではだいぶ見かけなくなりましたが、角ばったセダン、世界中見ても数少ないです。大事に乗ってもらいたいです。

今回の依頼事項は、エンジンの異音とチャージランプ(バッテリーマーク)の点灯。
エンジンをかけてみると、キョキョキョキョ、キャー。
結構な音です。
ドライブベルト(発電機やポンプ類を回すベルト)を見てみるとタラタラに緩い。
本来は適度なテンションがかかっていないとだめです。
そのテンションをかけているテンショナーを外してみると、


続きを読む

ドライブシャフト

ドライブシャフト

ALFA ROMEO 166、アルファのビッグサルーンです。
今はなき、アルファのⅤ6エンジン搭載。このエンジンとのバランスがすごく気持ちがいい、大人な車です。


続きを読む

エアコン修理

エアコン修理4

RENAULT Kangooのエアコン修理です。例によって、整備前画像を撮り忘れました。


続きを読む

更新

更新

免許証の更新をしてきました。
期限まであと10日しかなかったので、ちょっと焦ってました。更新期限が二ヶ月あってほんとに助かりました。

このネタで話を膨らませられないので終わりにします。

E/gマウント

E/gマウント

エンジンマウントです。ちぎれてます。
現車はRENAULT Clio RSです。Kangooも含めて、この手のマウントを使っている車種では結構多い事例です。
ちぎれないにしても、沈み込みが大きくなっていたり、マウント内部のダンパーオイルが漏れていたり、トラブルの多いマウントです。
この車両もそうですが、割とオーナーさんが気づかないパターンが多いです。
今回も別作業をする過程で見つかりました。
タイミングベルトを交換する際にはマウントを脱着するので同時交換しますが、その時以外でも普段からハードな走行をされる方は随時、点検・交換をお勧めします。

出来る範囲できっちり整備して、より楽しいカーライフを満喫してもらいたいです。

20120507_000.jpg

春です。ダレてます。
昨日、ほぼ二ヶ月ぶりに仕事を休みました。根が貧乏性なので、のんびり寝ることもできず、あちこち出かけてきました。疲れはとれなかったけど、気分転換はできました。
おかげで今日は画像のグーのようにダレてます。
彼らなりに大変だろうけど、少しの間入れ替わりたい。
あ~、犬になって草原を駆け回りたい!
・・・気持ちを切り替えて仕事しよ。

ハブフランジ

20120504_000.jpg

ホイールを外したフランジ部分です。
使用条件やホイールのデザインにもよりますが、画像のように結構サビます。ハブセンターと呼ばれる中央の丸い部分の外周と、ホイールセンターの内周がこのサビにより固着してしまうのです。
ほんとにホイールが外れないんです。ひどいものだとオーナーには見せられないような作業をします。
どこか出先でパンクしてスペアタイヤに交換しようとしたらホイールが外れないなんてことも・・・。

続きを読む

M.B ML320

20120503_000.jpg

メルセデスベンツML320です。 車両の画像を撮り忘れました。
写真の中央、パックリ口をあけているのはキャタライザー、触媒です。
いろんなトラブルが起きます。交換するのは簡単ですが、僕はチェンジ二アではなくエンジニアなので、ギリギリまでは修理+対策を選択します。
オーナーさんの意向で1年後に買い替えを検討とのことなので、安くできる方法を模索します。

当たり前の作業にすると、結構なバラシが必要になってしまうので、EXパイプを途中で切断し、触媒のみを脱着します。あとはパックリ割れたところを溶接して、切断箇所に作製したジョイントパイプを差込み、元通りにしたら完成です。意外と時間がかかってしまいましたが、次にこの部分をバラす時には最小限で作業ができるので一石二鳥です。

ちなみに完成後の画像も撮り忘れました。

CORVETTE Z06

コルベット

今日は弊社では珍しいコルベット。
カッコイイですねぇ。以前はあまり興味がなかったのですが、何年か前に富士スピードウェイで疾走するところを見てから見方がかわりました。
フェラーリに引けをとらないトップスピード。直線番長かと思いきやコーナリングスピードも速い。
目からウロコが落ちました。
コルベットの整備依頼を受けたときには二つ返事で快諾しました。アメ車の整備経験はあまりないのですが、是非とも勉強かねがね触ってみたかったのです。

今回は初歩的なオイル交換です。
さすがにドライサンプです。二箇所からオイルを抜き取ります。
この車両はサーキット走行もするので、オイルはMOTUL300Vを入れます。
せっかくなのでオーナーの了解のもと、進化剤も施工します。
以前、ジャガーの12気筒に施工したら、1本では十分な効果がでなかったため、この車両も2本いれます。
注入途中からアイドリングが静かになり、効果のほどが伺えます。
きっちり施工後、グリッピングしてみると、明らかにエンジンが軽く回ったのでオーナーも喜んでました。
サーキット走行中は速度レンジが高いため、くれぐれも自制心を失うことなく楽しんでもらいたいです。
競技中にクラッシュし、入院した僕からの最大のエールです。

Spike Auto [スパイクオート]
〒440-0002
愛知県豊橋市下条東町字池尻161
Tel : 0532-88-5175
Fax : 0532-88-5115
E-mail : spike.auto2012@canvas.ocn.ne.jp
MAPバーコードリーダー
Open / 10:00 - 19:00
Closed on Monday
Copyright © Spike Auto, All right reserved.