Spike Auto

Spike Auto [スパイクオート] =愛知県・豊橋市でイタリア・フランスなどの輸入車を中心に、メンテナンス・モディファイや車両販売を行うプロショップ。

接触不良

20140510001_R.jpg

今回はわかりやすい接触不良です。
バルブホルダー部分の接点が接触不良による発熱でわかりやすく焦げています。
幸い、端子そのものは無事なのでホルダー側は磨きと修正程度で済みそうですが、問題はホルダーを差し込むランプユニットの方です。


20140510002_R.jpg

わかりやすくするために少し磨いてありますが、画像中央部分の穴が開いているところが先ほどのバルブホルダー端子との接点部分です。
こちら側も接触不良の発熱で溶けてしまっています。
ランプユニットごと交換してしまえば簡単なのですが、高価になってしまうし、何より負けた感じがして悔しいのでいつものように直していきます。

20140510003_R.jpg

ホームセンターで買った電動ルーターが思いのほか楽しくて、ついつい本物を買ってしまいました。
やっぱり本物は違いますねぇ。トルクもあるし使いやすい。使いたい衝動で削ってもいいところを探してしまいます。

20140510004_R.jpg

本物ルーターで溶けて穴が開いた部分をきれいに彫り込みます。
次にはんだをしっかり溶け込ませます。この時に削り方が悪かったり溶けたカスが残っていると、はんだの密着が悪くなってはんだがポロっと取れてしまうので下地処理は大事です。

20140510005_R.jpg

はんだを余分に盛り上げておいて、ベースと平らになるように削って仕上げます。
極力、再発を抑えたいので、端子のアタリをきつくなるようにして、端子間に湿気やホコリが入らないようにグリスを塗ったら組み付けて出来上がりです。

電球の接触不良の症状の出方はまちまちです。
点いたり点かなかったり、ウインカーを出すとウインカー以外のバルブがぼんやり点滅したりとドライバー本人も気づかない場合もあります。
車の進歩と共にカプラーや端子も進歩していますが、それでも経年には逆らえずに接触不良を起こします。
人間同様、早期発見が大事に至らずに済む場合が多いのでたまには点検してみてください。











comment

非公開コメント

trackback

http://spikeauto.blog.fc2.com/tb.php/133-9da9d667

Spike Auto [スパイクオート]
〒440-0002
愛知県豊橋市下条東町字池尻161
Tel : 0532-88-5175
Fax : 0532-88-5115
E-mail : spike.auto2012@canvas.ocn.ne.jp
MAPバーコードリーダー
Open / 10:00 - 19:00
Closed on Monday
Copyright © Spike Auto, All right reserved.