Spike Auto

Spike Auto [スパイクオート] =愛知県・豊橋市でイタリア・フランスなどの輸入車を中心に、メンテナンス・モディファイや車両販売を行うプロショップ。

ヒーターバルブ

本題に入る前にお知らせです。
毎回、「連休の予定がわからん」とお叱りをいただくので、今回は早すぎるくらいの案内です。
8月12日(火)~15日(金)をお盆休みとさせていただきます。
なお、16日(土)、17日(日)は営業いたします。よろしくお願いします。

20140717001_R.jpg

注意報が出るほどの暑さです。エアコン非装着車にお乗りの方に心からお悔やみ申し上げます。
エアコンが付いていても故障していたら同じことです。エアコンが効かないといっても原因はたくさんあります。
今回の車両は以前にも登場したベンツのSL500(R107)です。当たり前のようにオートエアコンです。
調べる過程は長くなるので省略しますが、オートエアコンなのでスイッチ一つで設定温度になるはずなのですが、いつまでも送風状態。原因は画像のヒーターバルブでした。簡単に説明すると、熱湯と冷たい風を混ぜて設定温度の風を作るのですが、熱湯の量を調整しているバルブが開きっぱなしで動かず、冷風が出なくなっていました。
交換しようと部品を発注するも、あえなく生産終了。さてさてどうしたものか・・・。



20140717002_R.jpg

オートエアコンの回路に社外のバルブを取り付けるのは僕の陳腐な頭では考えられないので、バルブのみを手動で開閉することにしました。しかしそれでも方法はいくつかあります。コックを付けるのが一番簡単ですが、操作が面倒くさいし、何より芸がない。ワイヤー式にすれば開閉具合を任意で選べて使い勝手はいいのですがコストがだいぶかかってしまいます。
そこでたどり着いたのがバキューム式です。全開もしくは全閉のみになってしまいますが、オートエアコンの風量コントロールに望みを託し、作業に取り掛かります。
今回使用するバルブは1982年のシボレーコルベット用です。取り付けホース径や本体サイズがちょうどよかったからです。
本体にホースを取り付け、インマニからバキュームを拝借し、バキュームソレノイドを取り付け、室内へスイッチを取り付ければ完成です。
画像の少なさから察っしていただきたいのですが、僕はこういった改造作業が楽しくってしょうがない。どっぷり作業に浸っていたのでカメラなんか視野に入っておりません。開き直っております。
達成感と自己満足のみでお送りしました。


comment

非公開コメント

trackback

http://spikeauto.blog.fc2.com/tb.php/139-305dde1d

Spike Auto [スパイクオート]
〒440-0002
愛知県豊橋市下条東町字池尻161
Tel : 0532-88-5175
Fax : 0532-88-5115
E-mail : spike.auto2012@canvas.ocn.ne.jp
MAPバーコードリーダー
Open / 10:00 - 19:00
Closed on Monday
Copyright © Spike Auto, All right reserved.