Spike Auto

Spike Auto [スパイクオート] =愛知県・豊橋市でイタリア・フランスなどの輸入車を中心に、メンテナンス・モディファイや車両販売を行うプロショップ。

念押し

もう少しで台風が接近するそうです。ラジオからの情報を頼りに毎回、犬の日よけを片づけたりと台風対策をしています。
最近の自然災害では甚大な被害があちこちで出てしまっているので、くれぐれもお気を付けください。
念には念を、ということで今回は請求書には載らない細かなひと手間を・・・。

20140808001_R.jpg

画像はクラッチのレリーズシリンダーです。油圧でクラッチ操作する部品ですが、内部にはゴムパッキンを使っているので消耗品の部類に入ります。基本的にはアッセンブリ交換なので画像のような新品を取り寄せます。
ここで念には念を、です。

20140808002_R.jpg

バラします。僕の中ではすべての輸入品が信用できないので、バラせるものはバラして組みなおしてから交換しています。
このひと手間で部品の耐久性は年単位で変わってきます。

20140808003_R.jpg

続いての交換部品はエアコンのメインパーツのコンプレッサーです。交換理由はさまざまですが、高価なパーツです。
ここでも念には念を、
20140808004_R.jpg

コンプレッサーのオイルを抜き取ります。
エアコンパーツにはそれぞれおおよそのオイル規定量があります。パーツを交換する際にはその分のオイルを補充します。ところが新品のコンプレッサーには規定量のオイルが入っているのか、はたまたオイルそのものが入っているのかが外観上ではさっぱりわからないので抜きます。そして規定量を入れなおします。
実際にオイルが入っていなかったり、ちょこっとしか入ってなかったりしたことが何回かありました。
オイルが規定量にないとコンプレッサーの寿命を大幅に縮めることになるので大事な作業です。

20140808005_R.jpg

規定量のオイルを入れたらコンプレッサーを手回しで5~6回転させます。
こうしてコンプレッサー内部にオイルを馴染ませてから交換作業に入ります。

こういった請求書には載らなかったり、僕も説明しなかったりする作業は他にもたくさんあります。
いろんな人に「儲かってていいねぇ」と言われます。毎日遅くまで作業しているのはこの「ひと手間」の手を抜けないからです。儲けるために遅くまでやっているわけではありません、遅れを取り戻しているだけです。
来店された人と話をしているのが楽しくて時間を忘れることもありますし、草刈りに夢中になってしまうこともしばしば。
馬鹿がつくほどまっすぐ整備をしているだけなので、どうかあたたかい目で見てやってください。







関連記事

comment

非公開コメント

trackback

http://spikeauto.blog.fc2.com/tb.php/141-5fb66f4c

Spike Auto [スパイクオート]
〒440-0002
愛知県豊橋市下条東町字池尻161
Tel : 0532-88-5175
Fax : 0532-88-5115
E-mail : spike.auto2012@canvas.ocn.ne.jp
MAPバーコードリーダー
Open / 10:00 - 19:00
Closed on Monday
Copyright © Spike Auto, All right reserved.