Spike Auto

Spike Auto [スパイクオート] =愛知県・豊橋市でイタリア・フランスなどの輸入車を中心に、メンテナンス・モディファイや車両販売を行うプロショップ。

ジュニアザガート

夏はどこ行った~~~!!!
20140830001_R.jpg

すこぶる程度の良いジュニアザガート。
キャブの吸気音、排気ガスのにおい、この年代の車は気持ちが和みます。
この車両は機関部分も状態が良く、車検の入庫でしたが手を加えるところもなくサラっと完成しました。
問題はもう一台の方・・・


20140830003_R.jpg

ほとんど同じですが、こっちの方が写真の撮り方が上手。

20140830004_R.jpg

リアハッチを浮かせてあるのが目印です。
外観上はどちらも程度がいいのですが、後者は今回はじめての入庫です。
業者さんからの依頼ですが、持て余した感が伝わってくるようなエンジンの調子。
アイドリングもバラつき、すぐストールしてしまいます。「とりあえず調整してほしい」とのことなので、車と会話してみます。

20140830005_R.jpg

このエンジンルームの雰囲気、いいですねぇ。温かみのある、それでいて力強い佇まい。だいぶ頭がオカシイ人のコメントですが、作業を続けます。

20140830006_R.jpg

ウェーバーのツインキャブです。たまりません、この感じがたまらなく大好きです。
眺めていても直らないので仕事します。

20140830007_R.jpg

まずエアークリーナーを外します。2連でも3連でも同じですが、大事なのは同調です。人と同調出来ない僕が言うのもどうかとは思いますが、とにかく同調させます。
・・・が、キャブ調整を写真に撮りようがないのでササっと書きます。きっとまた「何のことかわからん」と言われるでしょうが無視します。
まず連結部分をフリーにして全閉調整をします。連結部分を締め直し、エンジンスタート。
暖機後、点火タイミングを調整。続いておおざっぱにミクスチュアを合わせておきます。ここから同調に入ります。
シンクロメーターという便利道具も持っているのですが、イマイチ使い方もわからないし使っていても楽しくないので、どこかで眠っています。
僕のやり方は極めて原始的です。2基のキャブの真ん中に頭を置いてキャブの吸気音を左右の耳で聴き比べて、どっちが先行しているか感じとりながら調整します。誰に教わったわけでもなく、こうなっていました。点火タイミングもカンで合わせることもしばしばあります。意外と正確ですよ。もし狂っていたら車は正直なのでバランバランいっちゃいます。
そんなこんなで調子を取り戻したザガートは元気に咆哮しとります。






関連記事

comment

非公開コメント

trackback

http://spikeauto.blog.fc2.com/tb.php/143-a64d164b

Spike Auto [スパイクオート]
〒440-0002
愛知県豊橋市下条東町字池尻161
Tel : 0532-88-5175
Fax : 0532-88-5115
E-mail : spike.auto2012@canvas.ocn.ne.jp
MAPバーコードリーダー
Open / 10:00 - 19:00
Closed on Monday
Copyright © Spike Auto, All right reserved.