Spike Auto

Spike Auto [スパイクオート] =愛知県・豊橋市でイタリア・フランスなどの輸入車を中心に、メンテナンス・モディファイや車両販売を行うプロショップ。

まもなく

20150311003_R.jpg

またもやスポンサー広告が掲載されていましたが、3月とは思えない寒さの中、皆様いかがお過ごしですか?
3月、それはモータースポーツの開幕の時期です。長らくお付き合いされている方はご存じの車両かと思いますが、耐久スペシャル106も例にもれず3/22(日)に開幕戦を迎えます。
今シーズンも参戦するにあたって、主にドライバーの人達に向けてメカニックの立場から言い訳タラタラでレポートします。
昨シーズンの最終戦を終えた時の状態です。

20150311002_R.jpg

スプリントではなく耐久レースに参戦し続けるということがどういう事なのか、どのくらい車に負担が掛っているのかを画像をもとに説明していきます。もちろん言い訳付きで。
 プジョー106は同クラスの中では最も非力な車です。ノーマル状態では約40馬力ほど差があります。
参戦当初、シリーズチャンピオンも取りました。忘年会にも呼んでいただけました・・・が、草レースと言えどもそんなに甘いもんではありません。他チームの車が仕上がってくると途端に表彰台から遠ざかりました。
レギュレーションの中で勝負するには試行錯誤の末、ストッピングパワーしかありませんでした。
制動力を最大限に活かせるようにサスペンションも強化しましたが、要のキャリパー本体の交換は認められていないので、無駄な発熱も多く、画像のようにディスクローターにクラックが入ってしまいます。

20150311001_R.jpg

その発熱によりゴム製のダストブーツは炭化してボロボロです。このあたりまでは想定内だったのですが・・・

20150311004_R.jpg

画像左側のパッドを見てください。パッドのベースごとヘシ曲がっています。こんなの見たことないです。
いったいどれほどの踏力なのでしょうか。おっさんの足の力とは思えません。

20150311005_R.jpg

フェーシング自体もこの様です。しかもこれがたったの2戦、6時間走っただけの結果です。
アクセルを床まで踏むのは誰でも出来ることですが、ブレーキをフルロックするまではなかなか踏めません。
少々おこがましい言い方ですが、それだけドライバーの人達がこの車を駆使出来るようになったということです。
 車自体の疲れも出ている中での完走率だったり、そこそこのタイムを刻めたり、また今回のような事を踏まえた上で今後のレースに臨んでください。きっと僕の努力を感じることができるでしょう。
そして競技中に壊れたとしても仏様のような大きな心で僕に接してください。





comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015/03/21 / 12:45_Posted by

非公開コメント

trackback

http://spikeauto.blog.fc2.com/tb.php/151-cb2ff356

Spike Auto [スパイクオート]
〒440-0002
愛知県豊橋市下条東町字池尻161
Tel : 0532-88-5175
Fax : 0532-88-5115
E-mail : spike.auto2012@canvas.ocn.ne.jp
MAPバーコードリーダー
Open / 10:00 - 19:00
Closed on Monday
Copyright © Spike Auto, All right reserved.