Spike Auto

Spike Auto [スパイクオート] =愛知県・豊橋市でイタリア・フランスなどの輸入車を中心に、メンテナンス・モディファイや車両販売を行うプロショップ。

最近

最近のマイブームはヤギのものまね、どうも大変ご無沙汰しておりました。
月日の流れは早いもので、「ブログを更新しろ」と言われることにも慣れてきたところへ「更新がなくても毎日見て楽しみにしとるだよ」と心にグッサリ突き刺さるお言葉をいただき、少しばかりの罪悪感を抱きつつお送りします。

20150613001_R.jpg

最近ちょこちょこあるトラブルなのですが、車庫入れ時などでステアリングを据え切りすると「バイン、バイン」と異音がするという症状。
音の出所はショックスプリングを弾く音なのですが当然、出てはいけない音です。
その原因は・・・

20150613002_R.jpg

ストラットをバラした先の黒く丸いモノがストラットのベアリングです。
今まではベアリングとアッパーマウントが別々になっていましたが、最近では一体型が目につきます。
 マウントやベアリングはフロント軸重の半分を支えています。(車が平衡状態時)そしてステアリング操作時にはベアリングから下だけが操舵角を得ます。地味な部品ですが、重要パーツです。

20150613004_R.jpg

画像はベアリング部分ですが、アンポンタンの僕は上下逆に持っています。逆さまに考えていただきたいのですが、茶色いグリスがはみ出ているところより画像下側が車体に取り付き、こちら側が固定になります。そして画像上側が俗に言うバネ下部分、可動部分となります。つまりはこのベアリングがすごく頑張っているということがおわかりいただけるかと思います。
 写真を撮った時には、パーツクリーナー等でしっかり洗浄し、新しいグリスを塗り込んだ後にも関わらず少し動かしただけでこのザマです。見えない部分はサビだらけです。

20150613005_R.jpg

ストラットの取り付け部はここ。雨水ウエルカム状態です。上部から流れていった雨水がベアリングに到達し、ステアリング動作と共に望みもしないベアリング内洗浄。水で洗われた後は錆びるのを待つだけ。しっかり錆びたベアリングはスムーズに動けず悲鳴をあげる。数式のような確実な流れです。

20150613003_R.jpg

ベアリングを交換すべく新品を見てみると、「やっぱりか」です。ベアリングに水がかからないようにカバーされています。(ベージュの部分)この輸入車によくある「だんまりの対策」、何度見てきたことか。しかしながらその都度、「自分の考え方は間違ってなかった」と安堵します。
 壊れた原因まで探求、対策しての整備、時間がいくらあっても足りません。ブログの更新が遅れても優しくしてください。




comment

非公開コメント

trackback

http://spikeauto.blog.fc2.com/tb.php/154-a0dccf3b

Spike Auto [スパイクオート]
〒440-0002
愛知県豊橋市下条東町字池尻161
Tel : 0532-88-5175
Fax : 0532-88-5115
E-mail : spike.auto2012@canvas.ocn.ne.jp
MAPバーコードリーダー
Open / 10:00 - 19:00
Closed on Monday
Copyright © Spike Auto, All right reserved.