Spike Auto

Spike Auto [スパイクオート] =愛知県・豊橋市でイタリア・フランスなどの輸入車を中心に、メンテナンス・モディファイや車両販売を行うプロショップ。

修理屋

あんまり更新がないにも関わらず弊社のブログを見ていただいている有り難い人達との会話の中で「ここはチューニング屋だよね」という件がちょこちょこ出ます。初めて聞いた時はホントにびっくりしました。
 確かにブログの内容はチューニング関係が多いかもしれませんが、それはあくまで趣味です。チューニングやレースがらみの事は僕がただ好きで記事にしやすいから、の結果です。
 本業はやっぱり整備、修理です。それを証明するような整備です。

20150831008_R.jpg


車はジャガーX308。だいぶ年数が経ちますが、ジャガーらしい乗り味のいい車です。
 症状はエンジン不調。月並みな症状ですが、エンジンがブルブルと振動しています。ただ気になるのが、明らかなメカニカルノイズが聞こえます。
 とりあえずセオリー通りにテスター診断。エラーなし、パラメーター異常なし。「やっぱりな」というところです。
エンジンと会話する限りではバルブタイミングがおかしい感じです。




20150831001_R.jpg

V型エンジンのメカニカルノイズが聞こえたバンクのヘッドカバーを開けて、カムタイミングを確認してみると「ビンゴ!」。
排気側のタイミングがズレています。 
原因はカムシャフトを繋いでいるタイミングチェーンのテンショナーの破損です。

20150831007_R.jpg


当然テンショナー交換になる訳ですが、ここからは画像の特殊工具(SST)を使ってカムシャフト、クランクシャフトを固定します。
SST等はよくこういったプラスチックケースに入っているのですが、アンポンタンの僕はかなりの確率で開ける側のフタを間違え、中の工具がプッチンプリン状態に・・・。行き場のない悲しみに襲われます。

20150831003_R.jpg


排気側のタイミングプーリーをゴチョゴチョっと外し、テンショナーを取り外します。

20150831002_R.jpg


一目瞭然、右が新品。新品との形がだいぶ違いますが、この車両のあとのモデル「X350」と共通になったらしいのですが、あからさまに対策の跡がうかがえます。

20150831004_R.jpg


新品のテンショナーを組み付け、SSTを使いキッチリとテンションをかけます。

20150831005_R.jpg


組みあがったところです。
 この画像は特には必要なかったと思いますが、なんかカッコよく撮れたので載せてみました。
 今回交換したのはセカンダリチェーンテンショナーといいますが、これとは別にプライマリチェーンテンショナーがあります。
プライマリ側も心配ですが、交換には割と大変なコストがかかってしまうので、予算の都合上、「がんばれよ」と声をかけ、そっと蓋をします。

20150831006_R.jpg

現時点で異常は確認できませんでしたが、反対側バンクも同様にバラしてみると、数か所にクラックが入っていて風前の灯でした。
こちら側もセカンダリのみ交換します。
 全てを組み上げエンジン始動。何年経ってもこの瞬間は緊張します。
やはり機械は正直です。ちゃんと組めばちゃんと調子が出ます。心地の良い疲労感と共に静かに回るエンジン音に耳を傾けます。

・・・と、このように真面目に修理をしている訳でございます。ウチをチューニング屋だと思っている方、ご理解いただけましたでしょうか?
 

 










関連記事

comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/08/22 / 18:56_Posted by

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015/09/28 / 15:17_Posted by

非公開コメント

trackback

http://spikeauto.blog.fc2.com/tb.php/157-5741fedb

Spike Auto [スパイクオート]
〒440-0002
愛知県豊橋市下条東町字池尻161
Tel : 0532-88-5175
Fax : 0532-88-5115
E-mail : spike.auto2012@canvas.ocn.ne.jp
MAPバーコードリーダー
Open / 10:00 - 19:00
Closed on Monday
Copyright © Spike Auto, All right reserved.