Spike Auto

Spike Auto [スパイクオート] =愛知県・豊橋市でイタリア・フランスなどの輸入車を中心に、メンテナンス・モディファイや車両販売を行うプロショップ。

ダメージ

 本題に入る前に、9月25日(日)を「GT耐久第4戦」出場のため臨時休業させていただきます。
よろしくお願いします。
 その事前整備が今、終了しました。
前回からのダメージがなかなかのもので、予定よりも時間がかかってしまいました。

20150918001_R.jpg

早速、目に飛び込んできたのは無残にちぎれたフロントロアアームブッシュです。レギュレーション規定でピロボールが使えないので、ブッシュを使うしかないのですが、切ない結果です。




20150918002_R.jpg

フロントのナックル部分を後ろから見たところです。
ドライブシャフトの付け根の見えないところにハブベアリングがありますが、そこからグリスが出てきています。試運転する限り、今現在は問題ないですが、この先の3時間でどうなるか分らないので交換しておきます。過去にこのくらいの状態で「まだ大丈夫だろう」と見送ったところ、レース中にホイールの内側がどんどんグリスで汚れていきました。「頼むぞ!」と念力を送り続けるのも虚しく、グリスを失ったベアリングは当たり前の如く焼きつき、それでも走り続けた結果、足回りはグチャグチャになりました。思い出しただけでゾっとします。
 画像の下側にはロアアームの先端が見えますが、ここもグリスがはみ出ています。案の定、ボールジョイントにガタがでています。
アームごと交換です。

20150918003_R.jpg

2レース走り切るとブレーキパッドはなくなってしまいますが、それと同時にディスクローターもクラックが入ってしまうので、パッドと一緒に交換していました。ブレーキもレギュレーションで純正形状から変更できないので毎回苦労しています。焼き入りも試しましたが結果は同じだったので、安いものを選んで使っていました。それが前回交換した時に違うメーカーにしたところ、画像ではわからないくらいのわずかなクラックにとどまりました。クラックが入らなければディスクの変形も少なく、制動力をギリギリまで維持できます。うれしい発見です。

20150918004_R.jpg

そしてこれが一番うれしい発見ですが、ブレーキパッドがまっすぐ減っています。ブログ上で記事にしたこともあるとおり、今まで一回たりとも最後までパッドを水平移動させることが出来ませんでした。人知れず試行錯誤を繰り返し、やっと正解を見つけました。
 「それがどうした?」と言われればそれまでですが、与えられた状況で、当たり前のものを当たり前に動かす。それがどれだけ難しいか、国産車にはない苦労がたくさんあります。

20150918005_R.jpg

 いろんな難題をクリアしつつ、コンビニで昼ごはんを買ってくると新たな難題、スパゲティにスプーン・・・
先端から切り込みを入れてフォークに改造か・・・
 いろんなダメージの克服が終わりません。









comment

非公開コメント

trackback

http://spikeauto.blog.fc2.com/tb.php/170-58806fcf

Spike Auto [スパイクオート]
〒440-0002
愛知県豊橋市下条東町字池尻161
Tel : 0532-88-5175
Fax : 0532-88-5115
E-mail : spike.auto2012@canvas.ocn.ne.jp
MAPバーコードリーダー
Open / 10:00 - 19:00
Closed on Monday
Copyright © Spike Auto, All right reserved.